BLOG
草間彌生の描いた富士山
BLOG
葛飾北斎(国境を越える芸術)
BLOG
ARCO国際コンテンポラリーアートフェアと女性達
BLOG
ミロとピカソ
BLOG
芸術と自然(ポンピドゥーのコレクションから)
BLOG
師走に考える、あたりまえのこと(具体作家 堀尾貞治)
BLOG
ゴッホ美術館50周年の試み
BLOG
秋とミレーとダリ
BLOG
植物画と小磯良平
BLOG
女性の美の定義(サルバドール・ダリ)
BLOG
対話する作品(ジャウマ・プレンサ)
BLOG
ラウル・デュフイ(南仏に思いを馳せる)
BLOG
文人を巡る(河井寛次郎)
BLOG
ジャウマ・プレンサ
BLOG
ダリの作った椅子
BLOG
草間彌生とルイ・ヴィトンのコラボレーション
BLOG
ウサギの絵 (北斎からピカソまで)
BLOG
東山魁夷 「年暮る」
BLOG
モンドリアンの作品、上から見るか下から見るか?
BLOG
ビルバオのグッゲンハイム美術館
BLOG
ダリを巡る紀行1 (ダリとカダケス)
BLOG
Museo Nacional del Prado (ピカソが館長を務めたこともある美術館)
BLOG
水辺のパブリックアート(チリーダやキース・ヘリングをプールサイドでゆっくり眺める)
BLOG
パブリックアート(エドゥアルド・チリーダ)
ノーマン・ロックウェルの(Easter Morning)
フランソワーズ・ジロー(ピカソから自立した女性)
ジョアン・ミロの黄色の謎
あまり知られていないダリの天井画
翼のある鳥、Salvador Dalí
布で包まれた凱旋門 (クリストとジャンヌ=クロード)
ピカソの光と影
ピカソとフラメンコ
サルバドール・ダリとフラメンコ
ピカソとイベリア芸術
サルバドール・ダリ(香水の芸術)
映画の中に見る名画(東山魁夷)
ボテロとピカソ その2
ボテロとピカソ その1
マティスの描いたクリスマス
草間彌生のかぼちゃ
ワイズバッシュの絵画
アルフォンス・ミュシャが描いた「月」
マティス(ロザリオ礼拝堂)
東山魁夷の「道」
ジョアン・ミロやJ・トレンツ・リャドに出会う旅
武者小路実篤の書と画
マティスの『青い窓』
ピカソを家で(マラガのピカソ美術館)
竹内栖鳳が描いた春
小野竹喬の描いた『奥の細道』
ミロと交流のあった日本人
上村松園(絵に込められた思い)後編
上村松園(絵に込められた思い)中編
上村松園(絵に込められた思い)前編
ピカソのポートレート
ゴッホの描いたカフェ
佐藤忠良の言葉
福田平八郎の『雨』
モネが円熟期に描いた『ひなげし』
ミロの自然賛美
映画の中のピカソ
ロイ・リキテンスタインのポスター
東山魁夷が描いた京都
アンディ・ウォーホルとクリスマス
長谷川潔の黒
竹久夢二
パウル・クレーとパブロ・ピカソ
パウル・クレー(学生時代の苦悩)
パウル・クレーの忘れ得ぬ旅
芸術と音楽(パウル・クレー)
ミロ美術館での伊東深水の展覧会
ジョアン・ミロと日本
斉藤真一が描いた瞽女
キース・へリングの描いた犬
アンディ・ウォーホルと映像
東郷青児
ジョルジュ・デ・キリコの芸術
佐伯祐三と秋
熊谷守一
草間彌生の詩
三岸節子の赤
アンディ・ウォーホル 後編
アンディ・ウォーホール 中編
アンディ・ウォーホール 前編
リチャード・エステスの絵画
ティッセン=ボルネミッサ美術館のコレクション展
夏目漱石が評価した画家
東山魁夷の詩画集
ピカソが通ったカフェ
時代を超えて愛される絵師 伊藤若冲
ダリが描いた「窓辺の少女」
黄金色に輝く秋野不矩の日本画
ミュシャのポスター
ミュシャの祈り
山下清の「花火」(日本のアール・ブリュット)
アール・ブリュット(生の芸術)
ミシェル・タピエの功績
バルセロナでアンフォルメル・アートと「具体」の作品鑑賞
シャガールの挿絵(白黒から多色まで)
横尾忠則氏の作品鑑賞(熊本に想いを馳せて)
フリーダ・カーロ
コロンビアの芸術家 フェルナンド・ボテロ
ピカソの書簡
街角で出会うロイ・リキテンスタインの立体作品
岡本太郎の壁画
岡本太朗の「太陽の塔」
岡本太郎
小磯良平の『斉唱』
小磯良平
マティスの切り絵
キース・へリングがバルセロナで描いた壁画
色あせないキース・へリングのグラフィティ
サルバドール・ダリへの質問
Love & Peace (オノ・ヨーコというアーティスト)
ATSUKO TANAKA-田中敦子-
エネルギッシュなアーティスト、草間彌生
ピカソの価値
吉原治良の〇
元永定正氏の妻 中辻悦子の絵本